京都教会 of SDA京都キリスト教会



京都教会の歴史





大正12年(1923)9月、京都駅前で集会を始まりました。京都で正式な宣教開始。
昭和9年(1934)西大路高辻に教会堂を建築。①
当時は、「第七日安息日再臨教会」と看板を掲げていました。
昭和19年9月、戦時中キリスト教弾圧のため教会閉鎖
昭和23年(1948)高辻通烏丸西入ルに教会を建築。
昭和25年(1950)教会員約30名で教会組織。②
昭和37年(1962)北区紫野西泉堂町に移転、教会堂を建築③
平成19年(2007)6月、新しい礼拝堂を建築、現在に至る。④